ようこそ、NSP Worldへ。中小企業のビジネスを多角から支援します。

自分の会社に複数キャリアの携帯電話があっても「携帯電話から3分8円」実現可能!

会社に複数キャリアの携帯電話があっても「携帯電話から3分8円」実現可能!

日本の携帯電話事情として、各社無料プランがあるために、1企業あたりキャリアを統一するほうがお得であるという現状です。
こういった縛りも、日本特有のものになります。
個人的には、キャリアを統一するほうが、管理面もコスト面においても得策だと思います。
しかしながら、個性を大切する企業様や、管理を行っておられない企業様は特に、個人の携帯電話をそのまま業務でも使っているケースがあります。
N社、S社、a社、W社などなど。
社員が保有している携帯キャリアにばらつきがあると、固定電話から携帯電話への無料オプションを使って無料コールバックするには無理が生じてきます。
(N社の場合、特にこのオプションはありません。)

そこで、弊社ではキャリアに依存しないBluetooth接続で、携帯電話回線を社内のIP-PBXやPBXへ収容できるゲートウェイのご提供をしております。
このBluetoothゲートウェイを利用することで同キャリアの無料通話が使うことができ、無料コールバックが実現できます。
従って、IP-PBX+Web電話帳を組み合わせることで、3分8円の格安通話を実現することができます。
構成例については、是非こちらご覧下さい。

以下は、営業マンが10人と30人の場合のコストシミュレーションをした結果です。

営業の方1名につき
携帯電話から固定電話への通話
30通話/月 月額5000円※ 使っているとします。
※30秒10円として250分の通話。

1通話あたり、250分÷30通話=8.3分平均とします。

一方、コールバック(無料)を使った場合、3分8円ですから、
1通話8.3分の場合9分として、9分÷3分×8円=24円。
1ヶ月の通話費用に置き換えると、24円×30通話=720円。

月額5000円使っていた携帯電話通話料金が、720円になります。

一人あたり、ひと月約4,280円、年間約51,360円の削減
営業マンが、

10名の場合、年間 51万円

30名の場合、年間154万円

の通話コスト削減が行えます。
これは、もう100%企業純利益に変換できる革命です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional